01:仮タイトルすら決まってない
0
    お久しぶりです。
    一年ぶりくらいですね。

    (もはや、誰がここを覗いているのか想像もつきません…)


    1/10の大阪で発行しようと思っていたゼルダの現パロを
    様々な諸々の理由で発行できなかったので、
    今回、ウェブでちまちま出していくことにしました。

    基本的に現代パロでは私がやりたいこと、やりたかったこと、
    興味あること、やったことというものを詰めていく作り方をしています。
    でも今回は現代パロは手段で、
    今までゼルダの二次創作でやりたかったことをそこに詰めています。

    一話ごとに載せていきますが、読んでも
    「ん??どういうこと??」ということが続くと思います。
    そういう作りになっています。

    それでは。
    続きより、どうぞ。
    ---------------------------------------------------------------




    私が物語を書き始めたのは確か、文字を覚えてすぐだったと思う。

    それが何歳のころだったのか、母親に尋ねれば
    4つか5つの年のころではないかと言う。

    文字を覚えた私はずっと物語を書き続けていた。
    母親が教えた読み書きをあっという間に覚え、
    色々なものに文字を書き殴り、
    気付けばチラシの裏に物語を書き始めていたようだ。

    不思議なこともあるものだ。

    私の中にはきっと伝えたい何かがあって、
    読み書きを覚えることで表現する手段を得た私は
    それを物語として書き続けている。



    その物語は、果てのない物語。

    ある王国の王女と
    彼女と信念を共にする勇者の、
    王国を越え、世界を守るための物語。

    その物語は、終わりのない物語。

    彼らの戦いは続いている。

    彼らが生きる、その限り。


    彼らが生きているかぎり、
    私は、その物語を書き続ける。



    そんな私は成長し、児童文学作家となった。

    売れない児童書『ゼルダの伝説』の作家として。




    posted by: srnsmk | zld (現代) | 23:26 | - | - |